石野医院について石野医院の沿革地図・アクセス漢方・鍼灸治療鍼灸よろず相談

2012年03月29日

創設者:石野昇平(一代目)

石野昇平.jpg創設者:石野昇平(明治13年3月10日生まれ)
明治35年、仙台医学専門学校(現 東北大学 医学部)を卒業。

昇平は志願して入営、日露戦争に陸軍軍医として従軍、凱旋帰国して、しばらく東京の病院に奉職した。
明治42年4月に石野医院を千葉県山武郡大網町(現、大網白里町)に開業した。
当時のことで、現在も開業医はそうだが、幅広く何でも診察をしていた。
足に熱湯をかけた、耳に虫が入った、馬に蹴られたなどいろいろの患者さんがきていたようである。
また当時の国鉄の嘱託医いわゆる鉄道医でもあり、小学校学校の校医も務めていた。
とにかく質素倹約を美徳とする、明治の人そのものであった。しかし非常に優しく、患者さん思いの医師であった。午前中は外来で、午後には往診をして、日曜日や祝祭日のない、休みのない開業医であった。真夜中に急病人には往診もいとわずにしていた。
昇平は東洋医学を認めず漢方治療は信用していなかった。

昭和39年9月20日没 行年85歳
【石野医院の沿革の最新記事】
posted by 石野医院 at 16:21| 石野医院の沿革