石野医院について石野医院の沿革地図・アクセス漢方・鍼灸治療鍼灸よろず相談

2016年08月29日

風邪の予防【鍼灸よろず相談】

Q「毎年冬になるとかぜを引きます、予防法として鍼灸治療どうでしょうか」


A「かぜは身近な病気で誰でもよくかかる、呼吸器の急性炎症性疾患の総称でかぜ症候群ともよばれています。かぜの原因のほとんどがウイルス感染によるもので、そのほか細菌感染や間接的に気温や湿度も関係しています。毎年冬になるとさまざまなかぜの流行がみられますが、インフルエンザは悪性のかぜで、いわゆる普通感冒とは区別をしています。同じ環境にいてもかぜを引きやすい人と引きにくい人がいます。かぜの予防や治療に使うツボはかぜが体に入る場所という意味の風門(ふうもん)です。背中の第二胸椎棘突起と第三胸椎棘突起の間で指二本のところ。かぜの引きはじめに首から背中にかけてゾクゾクしてきます。予防としては風門の付近が寒くならないように注意しましょう。そのほかに手の親指にある少商(しょうしょう)や胸にある 膻中(だんちゅう)などを使います。
029風邪の予防は背中の風門で.jpg

日経新聞 夕刊【鍼灸よろず相談】にて掲載したものの一部です。
石野尚吾
posted by 石野医院 at 09:00| 鍼灸よろず相談